Silent love

善と悪の狭間を行く 神は僕を許し給うか
怖いな わかってる でも気づいたら 踏み外してしまいそうだ

唇を重ねる瞬間は いつも アルコールの匂いがして
そうでもしなきゃ触れないものが僕だよ それなのに

愛を歌っている 明らかに歌っている
あなたを好きというこの気持ちが 愛を冒涜している
この街のメロディーは 心変わりをして行くのに
鼓膜に響く心音だけが 恋を象徴している

神を愛と呼ぶのなら 想うだけなら罪ではないか
あなたを照らしたい 幸せにしたい でもそれは僕の役目じゃない

工事現場の騒音も 今日は 孤独なものにつけ込んで
後ろめたさを掻き立てる うんざりするほど グレイな夜に

壊してしまえばいい 忘れてしまえばいい
そのどれもがきっと嘘になる ただ笑っていてほしい

愛を歌っている あちこちで歌っている
あなたを好きというこの気持ちが 愛を冒涜している
この街のメロディは 声変わりしていくのに
鼓膜に響く心音だけは ずっと愛を歌っている

善と悪の狭間を行く 神は僕を許し給うか…

©2020 Claíomh Solais(※無断転載・複製禁止)